このプロジェクトは、子どもを、大人に守られながら防災知識を教えられる弱い立場の人間として捉えるのでなく、最先端の防災の実践に参加してその一翼を担うフルメンバーとして捉えることを特色とした防災教育です。専門家である地震研究者と非専門家である学校の児童が協働した満点計画学習プログラムを、フィールドとなる小学校で実施します。満点計画(下記)の小型地震計の観測網のうち、一点の地震計を小学校に設置する。地震計設置作業やメンテナンスを実際に児童に任せるほか、メンテナンス毎に地震計に関わるテーマを使った授業を行います。このプロジェクトは、児童や学校の先生の力に多くを頼っています。現在は、京都府京丹波町下山小学校(2009年~)と、鳥取県日野町根雨小学校(2010年~)で実施しています。

 

*満点計画とは

京都大学地震予知センターの飯尾先生が開発した、新型の小型地震計による地震観測計画があります。この観測機材は、地震観測の一つの理想像に近いという理由と万点の観測点の整備への展望という意味を込めて「満点システム」と名付けられました。そして、「満点システム」を活用した、次世代型稠密地震観測のことを「満点計画」と呼んでいます。

<参考>外部サイト:http://www.rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp/#ja